ホームYA教員・スタッフ > 鳥飼 幸太

アクセス../main/maps%26directions.html
サイトマップ../main/site_map.html
リンク../main/link.html
ホーム../main/main/main.html
理念・目的../main/mission.html
概 要../main/overview.html
研究実施体制../main/research_plan.html
公募情報../main/recruitment_information.html
プライバシーポリシー../main/privacy_statement.html
シンポジウム
セミナー../main/seminar_symposium/seminar_symposium.html
English../recruitment_information-en/recruitment_information.html
お問い合わせ../main/contact_us.html
YA教員
スタッフ../main/member.html
 

九州大学工学部 応用原子核工学科

高温超電導体を用いた放射線計測法について研究

九州大学大学院工学部 エネルギー量子工学専攻

円形加速器(シンクロトロン)の研究にて博士学位(工学)を取得

大学共同利用法人 高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 特別共同利用研究員(常駐) 

独立行政法人放射線医学総合研究所 重粒子線医学研究センター重粒子線がん治療普及推進室 博士研究員 

国立大学法人群馬大学 重粒子線医学研究センター助教

重粒子線がん治療施設建設に従事、装置開発、治療計画など加速器研究・医学物理業務全般を担当

鳥飼 幸太

助教

略 歴

先端医学・生命科学研究チーム

所属学会

日本加速器学会

日本医学物理学会

連絡先

TEL : 027-220-7957・8378

FAX : 027-220-7909

メール: torikai@

※ 迷惑メール防止のため@以降を省略しています。gunma-u.ac.jpをつけて下さい。

医療情報学分野

学 位

平成18年3月 博士(工学)九州大学

受賞歴

・平成18年度文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究部門)

「高エネルギー円形加速器における誘導加速の研究」にて表彰

1945年以来円形加速器において唯一のビーム加速法であった高周波加速に代わり、高電圧スイッチングモジュールを擁する誘導加速装置を用い、世界初の陽子フルデジタル加速を実証した。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06040521/002.htm

(平成18年4月)


・平成20年度全国発明表彰 21世紀発明賞(皇室表彰)

「誘導加速シンクロトロン方式を用いた全種イオン加速器の発明」にて表彰

誘導加速技術によるパルス閉じ込めと加速を応用することで、高周波ではこれまで加速できなかった超重イオンクラスターを含むあらゆるイオンを加速可能とする技術特許を取得した。現在関連特許5件が国際特許化されている。

http://www.kek.jp/ja/news/topics/2008/21seikihatsumeisho.html

(平成20年4月)


・平成24年度日本自動認識システム協会主催「第14回自動認識システム大賞」大賞受賞

トッパン・フォームズ社との共同「処方箋とRFIDを組み合わせた薬剤部調剤ステータスの自動可視化」にて大賞受賞

本システムは調剤オーダを医療系プロトコルHL7で受信し、病院内での全電子カルテ端末から調剤進捗を見られるようにすることで、病棟からの問い合わせ回数の減少、調剤効率の増加に寄与するものである。

(平成24年8月)

1999年-2001年


2001年-2006年


2002年-2006年


2006年-2010年


2008年-2010年

業 績