ホーム > 研究実施体制

アクセスmaps%26directions.html
サイトマップsite_map.html
リンクlink.html
ホームmain/main.html
理念・目的mission.html
概 要overview.html
研究実施体制
公募情報recruitment_information.html
プライバシーポリシーprivacy_statement.html
シンポジウム
セミナーseminar_symposium/seminar_symposium.html
English../recruitment_information-en/recruitment_information.html
お問い合わせcontact_us.html
YA教員
スタッフmember.html
 

先端科学研究指導者育成ユニットの創設

 最先端の科学・技術研究を遂行できる若手研究指導者を育成するために、既存の組織・研究体制の枠を超えた先端科学研究指導者育成ユニットを創設、ユニット内にユニット運営委員会を設置します。

 このユニットにテニュアトラックポスト(YA教員)を導入し、若手研究者を国際公募により採用、これらの若手研究者が自立的に研究活動を行える環境整備を行います。

YA教員には、十分な研究費と研究スペース等を支援し、さらに、YA教員の研究関連分野に応じたチームを設置し、チームにはメンター(ベテラン教員)、アドバイザー(関連分野の教員・専門家)からなるメンター・アドバイザー制を整備し、YA教員を多面的に支援します。

ユニット運営委員会の設置

 研究担当理事(副学長)を委員長とする「ユニット運営委員会」を設置し、ユニットを統括すると共に、ユニットにおける研究成果を世界に向けて発信します。(例:国際シンポジウムの開催等)また、ユニットにおける研究人材養成システム改革に関する情報をユニット評価委員会に伝え、ユニット評価委員会、研究人材養成システム検討委員会からのフィードバックをユニット統括に活かします。

ユニット評価委員会の設置

 内部評価員に外部評価員を交え、YA教員の選考及びテニュアトラック制への助言を行います。外部評価員には当該分野で先端的な業績を上げている研究者が就任します。

研究人材養成システム検討委員会の設置

 研究人材養成システム検討委員会(研究担当理事、学外の委員を含む)を設立し、この試みを大学全体の人事制度改革にフィードバックし、研究活動の活性化、人材の流動性の活性化を図るための体制を整備します。

若手先端科学研究者による研究活動の実施

 YA教員として採用された若手先端科学研究者は、先端科学研究指導者育成ユニット内に設置された先端医学・生命科学研究チーム(昭和キャンパス)及び先端工学研究チーム(桐生キャンパス)において、それぞれの先端科学研究を実施します。

 研 究 実 施 体 制

大学院医学系研究科

統括責任者:学長

研究人材養成システム検討委員会

ユニット評価委員会

外部評価委員

内部評価委員

先端科学研究指導者育成ユニット

(ユニット運営委員会)

YA准教授・YA講師・YA助教

大学全体の人事制度改革

改革の支援・助言

YA教員の選考・評価

重粒子線医学研究センター

医学部附属病院

生体調節研究所

大学院工学系研究科

メンター、アドバイザー、顧問を配置

テニュアトラック職用に

ポストを確保

テニュアトラック制の

評価・助言

実  施  体  制