アクセス../main/maps%26directions.html
サイトマップ../main/site_map.html
リンク../main/link.html
ホーム../main/main/main.html
理念・目的../main/mission.html
概 要../main/overview.html
研究実施体制../main/research_plan.html
公募情報../main/recruitment_information.html
プライバシーポリシー../main/privacy_statement.html
シンポジウム
セミナー../main/seminar_symposium/seminar_symposium.html
Englishen-Subjects_of_reseach.html
お問い合わせ../main/contact_us.html
YA教員
スタッフ../main/member.html
 

研 究 内 容

背景

これまで我々は悪性腫瘍の約半数に異常が見られるがん抑制遺伝子p53に注目して研究をすすめてきました。p53が正常型であるときは変異型や欠損型と比べて、X線、抗がん剤、温熱それぞれにp53依存的なアポトーシスを誘導して、感受性であることを培養細胞のみならず、移植腫瘍系においても明らかにしてきました。これらの結果から、がん細胞のp53の遺伝子型を調べることが、効率の良い治療効果の先行指標となり得ることを提唱してきました。さらに、重粒子線はX線と比べて高頻度にp53非依存的アポトーシスを誘導することで、がん細胞が高感受性になることを明らかにしてきました。重粒子線はがん治療において、物理的に優れた線量分布の特性のみならず、生物学的にもp53遺伝子型と無関係に優れていることを基礎研究から証明してきました。

研究計画

重粒子線の生物影響として

(1)重粒子線によるDNA損傷とその修復機構の解明

(2)細胞死シグナルの亢進と生存シグナルの抑制の細胞応答の解明

(3)効率的ながん細胞死のためのp53非依存的アポトーシスの応用

髙 橋 昭 久

准教授

先端医学・生命科学研究チーム

放射線生物学分野