ホームYA教員・スタッフ岩脇 隆夫 > 学会発表等

アクセス../main/maps%26directions.html
サイトマップ../main/site_map.html
リンク../main/link.html
ホーム../main/main/main.html
理念・目的../main/mission.html
概 要../main/overview.html
研究実施体制../main/research_plan.html
公募情報../main/recruitment_information.html
プライバシーポリシー../main/privacy_statement.html
シンポジウム
セミナー../main/seminar_symposium/seminar_symposium.html
Englishpresentations-tiwawaki-en.html
お問い合わせ../main/contact_us.html
YA教員
スタッフ../main/member.html
 

学会発表等

岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」第5回実験動物センター・テクニカルセミナー 依頼講演(2013年11月;東京医科歯科大)


岩脇隆夫、及川大輔「胎盤でのCathepsin遺伝子発現制御におけるIRE1αおよびXBP1の役割」第60回北関東医学会総会 ポスター発表(2013年9月;群馬大)


岩脇隆夫「動物個体レベルでみる小胞体ストレス応答分子IRE1αの役割」第122回東京大学生命環境科学セミナー 依頼講演(2013年9月;東京大)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」第86回日本生化学会バイオインダストリーセミナー 依頼講演(2013年9月;横浜)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」第8回医工連携グループミーティング 依頼講演(2013年8月;群馬大)


奥田洸作、牧野堅人、外山喬士、西屋禎、岩脇隆夫、熊谷嘉人、上原孝「メチル水銀誘発性神経細胞死における小胞体ストレスの関与」第123回日本薬理学会近畿部会 一般口頭発表(2013年7月;ウインクあいち)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」岡山大&理研ジョイントシンポジウム「最先端計測技術のトレンド2013」 依頼講演(2013年6月;岡山大)


Megan Robblee, Jess P. Abate, Alex Samocha, Takao Iwawaki, Suneil K. Koliwad "Fatty acid flux regulates IRE1α activity to control the NLRP3 inflammasome in myeloid cells" The 2012 Meeting on Metabolic Signaling & Disease, Poster Presentation. (August 2012 in Cold Spring Harbor)


Takao Iwawaki "Physiological and pathological function of cellular stress responses" International Symposium by ASRLD unit, Gunma University, Oral Presentation.(February 2013 in Gunma University)

 

岩脇隆夫「細胞ストレスの生体イメージング用モデルマウス」電気通信大学 先進理工学セミナー 依頼講演(2013年1月;電通大)


Takao Iwawaki, Daisuke Oikawa "Intrinsically disordered regions in handling of misfolded/unfolded proteins in the ER" The 2nd ISIDP International Symposium 依頼講演(2013年1月;横浜)

 

及川大輔、赤井良子、徳田美緒、岩脇隆夫「活性酸素ダメージの生体イメージングに向けたレポーターシステムの構築〜OKD48からの出発〜」第29回臨床フリーラジカル会議 若手研究者講演(2012年12月;京都)

 

岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」2012 Promega Dynamic Connection 依頼講演(2012年12月;福岡)

 

斉藤美知子、土屋雄一、岩脇隆夫、森和俊、河野憲二「小胞体ストレス応答不全による糖尿病発症機構の解明」第35回日本分子生物学会年会 ポスター発表(2012年12月;福岡)

 

岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」細胞センサーの分子機構・相互作用・ネットワーク研究会 依頼講演(2012年11月;生理学研究所)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」鳥取大学 大学院分子生物学特別セミナー 依頼講演(2012年11月;鳥取大)

 

原口瑞樹、及川大輔、赤井良子、鯉淵典之、岩脇隆夫「低酸素ストレスレポーターの開発から見えてきた新たな課題」第7回臨床ストレス応答学会 ポスター発表(2012年11月;東京女子医大)


岩脇隆夫「細胞ストレスの生体イメージング用モデルマウス」 株式会社トランスジェニック社内セミナー 依頼講演(2012年11月;神戸)


岩脇隆夫「IRE1αとIRE1βによる小胞体ストレス感知機構の違い」 第7回小胞体ストレス研究会 一般口頭発表(2012年11月;広島大)


岩脇隆夫「胎盤における小胞体ストレス応答分子の機能」 第4回群馬分子医学研究会 特別講演(2012年10月;群馬大)


及川大輔、赤井良子、徳田美緒、岩脇隆夫「OKD48マウスを用いた酸化ストレスの高感度生体検出」住商ファーマインターナショナル株式会社 第6回IVISユーザー会 ポスター発表(2012年10月;東京コクヨホール)

 

及川大輔、赤井良子、徳田美緒、岩脇隆夫「酸化ストレス可視化モデルマウスの開発」第59回北関東医学会総会 ポスター発表(2012年9月;群馬大)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "High-sensitive in vivo detection of oxidative stress with OKD48 transgenic mice" Joint Meeting of the 11th International Congress of Hyperthermic Oncology & the 29th Japanese Congress of Thermal Medicine, Poster Presentation. (August 2012 in Kyoto)


岩脇隆夫「生体イメージングを介して拡がる異分野交流」伊香保BSの会・第2回多分野交流会 ポスター発表(2012年8月;群馬大)


岩脇隆夫「XBP1のスプライシングに関わるRNAリガーゼの探索」 MD-PhD学生勉強会・第2回講演会 依頼講演(2012年7月;群馬大)


及川大輔、赤井良子、徳田美緒、岩脇隆夫「OKD48マウスを用いた酸化ストレスの高感度生体検出」第65回日本酸化ストレス学会学術集会 ポスター発表(2012年6月;徳島)


岩脇隆夫「酸化ストレス可視化モデルマウスの開発」 第8回日本疲労学会総会・学術集会 一般口頭発表(2012年6月;国立スポーツ科学センター)


Akio Tsuru, Naoko Fujimoto, Satsuki Takahashi, Daisuke Nakamura, Michiko Saito, Rina Nagai, Megumi Iwano, Takao Iwawaki, David Ron, Kenji Kohno " Negative feedback by IRE1b optimizes mucin production in goblet cells" Joint Meeting of the 45th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the 64th Annual Meeting of the Japanese Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2012 in Kobe)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "High-sensitive in-vivo detection of oxidative stress with OKD48 mice" Joint Meeting of the 45th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the 64th Annual Meeting of the Japanese Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2012 in Kobe)

 

Akio Tsuru, Michiko Saito, Megumi Iwano, Takao Iwawaki, David Ron, Kenji Kohno " Negative feedback by IRE1b optimizes mucin production in goblet cells" The 2012Meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, Poster Presentation. (May 2012 in Cold Spring Harbor)

 

Daisuke Oikawa, Akira Kitamura, Masataka Kinjo, Takao Iwawaki " Direct association of unfolded proteins with mammalian ER stress sensor, IRE1b: possible involvement of the intrinsically disordered region (IDR)" The 2012 Meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, Poster Presentation. (May 2012 in Cold Spring Harbor)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」岐阜薬科大学 薬効解析学セミナー 依頼講演(2012年4月;岐阜薬科大)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "High-sensitive in vivo detection of oxidative stress with OKD48 transgenic mice" UK-Japan Research Symposium "Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease" (April 2012 in Tsukuba)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」群馬大学 第37回脳神経発達統御学セミナー 兼 第3回ASRLDユニット研究セミナー 依頼講演(2012年4月;群馬大)


岩脇隆夫「小胞体ストレスを『より簡便』に検出する方法」 日本薬学会第132年会 シンポジウム 依頼講演(2012年3月;札幌)


岩脇隆夫「細胞内異常タンパク質代謝における天然変性領域の役割」 第2回新学術領域研究「天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現」公開シンポジウム 依頼講演(2012年1月;大阪)

 

Yuichi Tsuchiya, Michiko Saito, Takao Iwawaki, Jun-ichi Miyazaki, Kazutoshi Mori, Kenji Kohno "Role of the unfolded protein response in pancreatic beta cells" 第34回日本分子生物学会年会 一般口頭発表(2011年12月;横浜)


Takao Iwawaki, Mio Tokuda "Screening for XBP1 splicing-associated RNA ligase" 第34回日本分子生物学会年会 一般口頭発表(2011年12月;横浜)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "A transgenic mouse model for monitoring oxidative stress" 第34回日本分子生物学会年会 一般口頭発表(2011年12月;横浜)

 

斉藤美知子、土屋雄一、岩脇隆夫、森和俊、河野憲二「小胞体ストレス応答不全による糖尿病発症機構の解明」第34回日本分子生物学会年会 ポスター発表(2011年12月;横浜)

 

Yuichi Tsuchiya, Michiko Saito, Takao Iwawaki, Jun-ichi Miyazaki, Kazutoshi Mori, Kenji Kohno "Role of the unfolded protein response in pancreatic beta cells" 第34回日本分子生物学会年会 ポスター発表(2011年12月;横浜)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "A transgenic mouse model for monitoring oxidative stress" 第34回日本分子生物学会年会 ポスター発表(2011年12月;横浜)


Takao Iwawaki, Mio Tokuda "Screening for XBP1 splicing-associated RNA ligase" 第34回日本分子生物学会年会 ポスター発表(2011年12月;横浜)

 

及川大輔、赤井良子、徳田美緒、岩脇隆夫「酸化ストレス可視化モデルマウスの開発」第6回臨床ストレス応答学会 一般口頭発表(2011年11月;名古屋大)


岩脇隆夫「酸化ストレス可視化モデルマウスの開発」住商ファーマインターナショナル株式会社 第6回IVISユーザー会 依頼講演(2011年11月;横浜)

 

赤井良子、及川大輔、徳田美緒、岩脇隆夫「IVISイメージングシステムと新開発モデルマウスを用いた酸化ストレスの高感度生体検出」住商ファーマインターナショナル株式会社 第6回IVISユーザー会 ポスター発表(2011年11月;横浜)


岩脇隆夫「細胞ストレス可視化モデルマウスの開発とその性能」鳥取大学 生命機能研究支援センター 技術セミナー 依頼講演(2011年8月;鳥取大)


岩脇隆夫「動物個体における小胞体ストレスと酸化ストレスのイメージング技術の開発」第10回国際バイオEXPO アカデミックフォーラム 講演(2011年6月;東京ビッグサイト)

 

岩脇隆夫、徳田美緒「XBP1のスプライシングに関わるRNAリガーゼのスクリーニング」第63回日本細胞生物学会 ワークショップ(2011年6月;北海道)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "A transgenic mouse model for monitoring oxidative stress"第63回日本細胞生物学会 ポスター発表(2011年6月;北海道)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "Transgenic mouse models for monitoring cellular stress" 奈良先端未来開拓コロキウム Protein and Organelle Dynamics under Cellular Stress Conditions 依頼講演(2011年5月;奈良先端大)

 

Daisuke Oikawa, Akira Kitamura, Masataka Kinjo, Takao Iwawaki "Recognition of unfolded proteins by intrinsically disordered proteins (IDPs)" 奈良先端未来開拓コロキウム Protein and Organelle Dynamics under Cellular Stress Conditions 依頼講演(2011年5月;奈良先端大)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "A transgenic mouse model for monitoring oxidative stress" The 2011 Cold Spring Harbor Asia Conference of "New advances in optical imaging of live cells & organisms", Poster Presentation. (May 2011 in Suzhou, China)

 

及川大輔、 北村朗、金城政孝、岩脇隆夫「小胞体ストレスセンサーのFCS解析」第2回光塾 ポスター発表(2010年12月;大阪大学)

 

藤岡洋美、土屋雄一、斉藤美知子、岩脇隆夫、森和俊、河野憲二「膵臓β細胞でのインスリン産生におけるIRE1とATF6の役割」第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2010年12月;神戸)

 

及川大輔、北村朗、金城政孝、岩脇隆夫 "Different behavior and character between IRE1a and IRE1b imply their diversity in ER stress-sensing mechanism."第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2010年12月;神戸)

 

細田章、丸山篤史、及川大輔、大嶋佑介、小町祐一、金井源一、佐藤英俊、岩脇隆夫「ラマン分光法を用いたin vivoでの小胞体ストレスの検出」第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2010年12月;神戸)

 

岩脇隆夫、細田章、赤井良子、徳田美緒「血糖値調節およびインスリン生合成における小胞体ストレス応答の役割」第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2010年12月;神戸)

 

藤岡洋美、土屋雄一、斉藤美知子、岩脇隆夫、森和俊、河野憲二「膵臓β細胞でのインスリン産生におけるIRE1とATF6の役割」第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2010年12月;神戸)

 

及川大輔、北村朗、金城政孝、岩脇隆夫 "Different behavior and character between IRE1a and IRE1b imply their diversity in ER stress-sensing mechanism."第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2010年12月;神戸)

 

細田章、丸山篤史、及川大輔、大嶋佑介、小町祐一、金井源一、佐藤英俊、岩脇隆夫「ラマン分光法を用いたin vivoでの小胞体ストレスの検出」第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2010年12月;神戸)


岩脇隆夫、細田章、赤井良子、徳田美緒「血糖値調節およびインスリン生合成における小胞体ストレス応答の役割」第5回臨床ストレス応答学会 一般口頭発表(2010年11月;徳島大)

 

及川大輔、北村朗、金城政孝、岩脇隆夫「IRE1αとIRE1βの分子動態の違いから推測される異常タンパク質感知メカニズムにおける多様性」第5回臨床ストレス応答学会 一般口頭発表(2010年11月;徳島大)

 

岩脇隆夫、細田章、赤井良子、徳田美緒「血糖値調節およびインスリン生合成における小胞体ストレス応答の役割」代謝調節機構解析に基づく細胞機能制御基盤技術”研究領域 第3回公開シンポジウム ポスター発表(2010年10月;東京大学)


Takao Iwawaki, Akira Hosoda, Ryoko Akai, Mio Tokuda "The role of ER stress responses in the control of blood glucose levels and the biosynthesis of insulin" The 3rd International Symposium on Protein Community, Poster Presentation, (September 2010 in Nara)

 

Daisuke Oikawa, Akira Kitamura, Masataka Kinjo, Takao Iwawaki "Different behavior and characters between IRE1a and IRE1b imply their diversity in ER stress-sensing mechanism" The 3rd International Symposium on Protein Community, Poster Presentation, (September 2010 in Nara)

 

Daisuke Oikawa, Akira Kitamura, Masataka Kinjo, Takao Iwawaki "Fluorescence correlation spectroscopy for the study of ER stress sensor, IRE1a" The 2010 Meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, Poster Presentation. (May 2010 in Cold Spring Harbor)

 

Daisuke Oikawa, Mio Tokuda, Akira Hosoda, Takao Iwawaki "Genome-wide screening method for the cleavage target of IRE1a" The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, Poster Presentation, (December 2009 in Yokohama)

 

Akira Hosoda, Mio Tokuda, Ryoko Akai, Kenji Kohno, Takao Iwawaki "Positive contribution of ERdj5/JPDI to endoplasmic reticulum protein quality control in the salivary gland" The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, Poster Presentation, (December 2009 in Yokohama)

 

Akira Hosoda, Mio Tokuda, Ryoko Akai, Kenji Kohno, Takao Iwawaki "Positive contribution of ERdj5/JPDI to endoplasmic reticulum protein quality control in the salivary gland" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Workshop, (October 2009 in Sapporo)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Takao Iwawaki "Contribution of IRE1a-XBP1 pathway to the placental expression of PSG genes" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Workshop, (October 2009 in Sapporo)


Takao Iwawaki, Ryoko Akai, Shinya Yamanaka, Kenji Kohno "Contribution of IRE1 signaling to placental angiogenesis and function for embryogenesis" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Poster Presentation, (October 2009 in Sapporo)

 

Ryoko Akai, Kenji Kohno, Takao Iwawaki "Phenotype analysis of IRE1 alpha conditional knockout mice" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Poster Presentation, (October 2009 in Sapporo)

 

Akira Hosoda, Mio Tokuda, Ryoko Akai, Kenji Kohno, Takao Iwawaki "Positive contribution of ERdj5/JPDI to endoplasmic reticulum protein quality control in the salivary gland" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Poster Presentation, (October 2009 in Sapporo)

 

Daisuke Oikawa, Ryoko Akai, Takao Iwawaki "Contribution of IRE1a-XBP1 pathway to the placental expression of PSG genes" The 4th International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, Poster Presentation, (October 2009 in Sapporo)


岩脇隆夫「胎盤形成における小胞体ストレスセンサーとビタミンEの役割」エーザイ株式会社第12回Vitamin E Update Forum 依頼講演(2009年8月;如水会館、東京)

 

及川大輔、赤井良子、岩脇隆夫「PSG遺伝子群の胎盤発現に対するIRE1a-XBP1経路の貢献」第61回日本細胞生物学会 ワークショップ(2009年6月;名古屋)

 

柳谷耕太、今川佑介、細田章、岩脇隆夫、斉藤美知子、木俣行雄、河野憲二「Cotranslational targeting of XBP1 protein to the membrane promotes cytoplasmic splicing of its own mRNA.」第61回日本細胞生物学会 ワークショップ(2009年6月;名古屋)

 

及川大輔、赤井良子、岩脇隆夫「PSG遺伝子群の胎盤発現に対するIRE1a-XBP1経路の貢献」第61回日本細胞生物学会 ポスター発表(2009年6月;名古屋)

 

柳谷耕太、今川佑介、細田章、岩脇隆夫、斉藤美知子、木俣行雄、河野憲二「Cotranslational targeting of XBP1 protein to the membrane promotes cytoplasmic splicing of its own mRNA」第61回日本細胞生物学会 ポスター発表(2009年6月;名古屋)

 

斉藤美知子、岩脇隆夫、河野憲二「膵β細胞のインスリン分泌におけるIRE1αの役割」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2008年12月;神戸)

 

及川大輔、木俣行雄、河野憲二、岩脇隆夫「哺乳動物IRE1αによる小胞体ストレス感知は、異常タンパク質との直接結合ではなく、BiPの解離に強く依存する」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2008年12月;神戸)


岩脇隆夫、赤井良子、河野憲二「哺乳動物の発生過程で重要な胎盤での血管新生に貢献するIRE1の新たな役割」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2008年12月;神戸)

 

赤井良子、河野憲二、岩脇隆夫「IRE1αコンディショナルノックアウトマウスの表現型解析」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2008年12月;神戸)

 

斉藤美知子、岩脇隆夫、河野憲二「膵β細胞のインスリン分泌におけるIRE1αの役割」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2008年12月;神戸)

 

及川大輔、木俣行雄、河野憲二、岩脇隆夫「哺乳動物IRE1αによる小胞体ストレス感知は、異常タンパク質との直接結合ではなく、BiPの解離に強く依存する」第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2008年12月;神戸)


岩脇隆夫「小胞体ストレスの可視化システムから見えるもの」住商ファーマインターナショナル株式会社 第3回IVISユーザー会議 依頼講演(2008年11月;東京国際フォーラム)

 

Kota Yanagitani, Yusuke Imagawa, Takao Iwawaki, Yukio Kimata, Kenji Kohno "Membrane localization of XBP1 mRNA contributes the efficiency of IRE1a-mediated cytoplasmic splicing" The 60th Annual Meeting of Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (June 2008 in Yokohama)

 

Kota Yanagitani, Yusuke Imagawa, Takao Iwawaki, Kenji Kohno "Membrane localization of XBP1 mRNA contributes the efficiency of IRE1a-dependent cytoplasmic splicing" The 2008 Meeting on Molecular Chaperones & Stress Responses, Poster Presentation. (May 2008 in Cold Spring Harbor)


岩脇隆夫「動物個体レベルでみる小胞体ストレス応答分子IRE1αの役割」第2回分子遺伝学セミナー 依頼講演(2008年4月;熊本大)

 

細田章、西村美玲、河野憲二、岩脇隆夫「小胞体シャペロンJPDI/ERdj5を必要とするN結合型糖鎖修飾」第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同年会 一般口頭発表(2007年12月;横浜)


岩脇隆夫、赤井良子、山中伸弥、河野憲二「哺乳動物の発生過程におけるIRE1αの役割」第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同年会 ワークショップ(2007年12月;横浜)

 

細田章、西村美玲、河野憲二、岩脇隆夫「小胞体シャペロンJPDI/ERdj5を必要とするN結合型糖鎖修飾」第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2007年12月;横浜)

 

岩脇隆夫、赤井良子、山中伸弥、河野憲二「哺乳動物の発生過程におけるIRE1αの役割」第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同年会 ポスター発表(2007年12月;横浜)


岩脇隆夫「小胞体ストレスの可視化システムから見えるもの」NAISTシンポジウム・見る生物学2「イメージングの現在と未来」 依頼講演(2007年11月;奈良先端大)

 

Daisuke Oikawa, Mio Tokuda, Takao Iwawaki "Site specific cleavage of CD59 mRNA by endoplasmic reticulum-located ribonuclease IRE1" Joint Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2007 in Fukuoka)

 

Akira Hosoda, Mirei Nishimura, Kenji Kohno, Takao Iwawaki "Possible involvement of JPDI in N-linked glycosylation" Joint Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2007 in Fukuoka)

 

Kota Yanagitani, Yusuke Imagawa, Akira Hosoda, Takao Iwawaki, Kenji Kohno "The hinge stem of XBP1 mRNA is a novel structure required for unconventional splicing in the unfolded protein response." Joint Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists & the Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2007 in Fukuoka)

 

Kota Yanagitani, Yusuke Imagawa, Akira Hosoda, Takao Iwawaki, Kenji Kohno "The hinge stem of XBP1 mRNA is a novel structure requiredfor unconventional splicing in the unfolded protein response" 45th annual meeting of American Society for Cell Biology, Poster Presentation. (December 2006 in San Diego)


岩脇隆夫「動物個体レベルにおける小胞体ストレス可視化法の開発」NAISTバイオCOEサマーキャンプ2006 依頼講演(2006年9月;淡路島)


Takao Iwawaki "A transgenic mouse model for monitoring endoplasmic reticulum stress" The 7th Biennial Meeting of the Asia Pacific Society for Neurochemistry, Young Investigators Colloquium 依頼講演 (July 2006 in Singapore)

 

Takao Iwawaki, Ryoko Akai "Analysis of XBP1 splicing mechanism with improved ER stress-indicators" 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Poster Presentation. (June 2006 in Kyoto)

 

Seiko Yamada, Tetsuo Yamaguchi, Akira Hosoda, Takao Iwawaki, Kenji Kohno "Regulation of human STARD4 expression under endoplasmic reticulum stress" 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Poster Presentation. (June 2006 in Kyoto)

 

Norihisa Furukawa, Mayumi Kawahara, Takao Iwawaki, Michiko Saito, Kenji Kohno "Diphtheria toxin receptor-mediated conditional cell ablation in central nervous system" 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Poster Presentation. (June 2006 in Kyoto)

 

Ryoko Akai, Takao Iwawaki "Analysis of XBP1 splicing mechanism with improved ER stress-indicators" The 2006 Meeting on Molecular Chaperones & the Heat Shock Response, Poster Presentation. (May 2006 in Cold Spring Harbor)


柳谷耕太、今川佑介、細田章、岩脇隆夫、河野憲二「スプライシングには必須だがIRE1alphaによる切断には必要でないXBP1 mRNAの二次構造」第28回日本分子生物学会 ポスター発表(2005年12月;福岡)

 

山田誠子、山口哲雄、細田章、岩脇隆夫、河野憲二「StARD4の転写調節機構の解析」第28回日本分子生物学会 ポスター発表(2005年12月;福岡)

 

古川智久、河原真弓、岩脇隆夫、斉藤美知子、河野 憲二「ジフテリア毒素受容体を用いた脳細胞破壊モデルマウスの作製」第28回日本分子生物学会 ポスター発表(2005年12月;福岡)


Takao Iwawaki, Masayuki Miura, Kenji Kohno "Mammalian ER stress monitoring system using XBP1 mRNA splicing" The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Minisymposium 依頼講演 (October 2005 in Kobe)


Kohta Yanagitani, Yusuke Imagawa, Akira Hosoda, Takao Iwawaki, Kenji Kohno "The hinge structure of XBP1 mRNA is required for unconventional splicing by IRE1alpha" The 58th Annual Meeting of Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (June 2005 in Omiya)


柳谷耕太、細田章、岩脇隆夫、河野憲二「IRE1αによるスプライシングに必須なXBP1mRNAの二次構造」第27回日本分子生物学会 ポスター発表(2004年12月;神戸)


河原真弓、岩脇隆夫、斉藤美知子、河野 憲二「CID法との比較から見えてきた生体内細胞破壊法TRECKの長所と短所」第27回日本分子生物学会 ポスター発表(2004年12月;神戸)


岩脇隆夫「生体内で生じる小胞体ストレスの可視化」基生研研究会・第2回「生体シグナルの可視化を目指して」 依頼講演(2004年12月;岡崎)

 

Takao Iwawaki, Ryoko Akai, Kenji Kohno, Masayuki Miura "A transgenic mouse model for monitoring endoplasmic reticulum stress" The 57th Annual Meeting of Japan Society for Cell Biology, Poster Presentation. (May 2004 in Osaka)

 

Takao Iwawaki, Kenji Kohno, Masayuki Miura "An ER stress-monitoring mouse (ERAI mouse) highlights the importance of physiological unfolded protein response in vivo" The 2004 Meeting on Molecular Chaperones & the Heat Shock Response, Poster Presentation. (May 2004 in Cold Spring Harbor)


山田誠子、山口哲雄、細田章、岩脇隆夫、河野憲二「小胞体ストレスにより誘導される新規遺伝子の転写調節機構の解析」第26回日本分子生物学会 ポスター発表(2003年12月;神戸)


岩脇隆夫、細田章、都留秋雄、木俣行雄、河野憲二「小胞体ストレス応答における膜貫通型RNase IRE1による転写・翻訳制御」第24回日本分子生物学会 ワークショップ(2001年12月;横浜)

 

岩脇隆夫、細田章、河野憲二「動物細胞における小胞体ストレス応答」第54回日本細胞生物学会 ポスター発表(2001年6月;岐阜)

 

岩脇隆夫、細田章、神郡祐介、都留秋雄、河野憲二「小胞体ストレス下におけるIRE1betaによる翻訳抑制機構」第23回日本分子生物学会 ポスター発表(2000年12月;神戸)

 

岩脇隆夫、細田章、奥田哲夫、神郡祐介、都留秋雄、河野憲二「ヒトIRE1beta小胞体膜キナーゼの解析」第22回日本分子生物学会 ポスター発表(1999年12月;福岡)

 

斉藤美知子、岩脇隆夫、多屋長治、米川博道、乾由明、都留秋雄、木俣行雄、河野憲二「毒素受容体を介した条件特異的細胞ノックアウト法の開発:トランスジェニックマウスでの試み」第49回日本細胞生物学会 一般口頭発表(1996年10月;京都)


岩脇 隆夫

講師

先端医学・生命科学研究チーム

医学・生命科学分野