ホームYA教員・スタッフ岩脇 隆夫 > 著書・総説

アクセス../main/maps%26directions.html
サイトマップ../main/site_map.html
リンク../main/link.html
ホーム../main/main/main.html
理念・目的../main/mission.html
概 要../main/overview.html
研究実施体制../main/research_plan.html
公募情報../main/recruitment_information.html
プライバシーポリシー../main/privacy_statement.html
シンポジウム
セミナー../main/seminar_symposium/seminar_symposium.html
Englishreviews-tiwawaki-en.html
お問い合わせ../main/contact_us.html
YA教員
スタッフ../main/member.html
 

著書・総説

Takao Iwawaki, Daisuke Oikawa "The role of the unfolded protein response in diabetes mellitus" Semin. Immunopathol., vol. 35, 333-350, 2013.


岩脇隆夫「小胞体ストレスシグナルの感知・生体防御機構」細胞、vol. 45、No. 4、168-171、ニューサイエンス(2013)


及川大輔、岩脇隆夫「生きているマウスで酸化ストレスを見えるように」化学と生物、vol. 51、No. 6、361-363、国際文献社(2013)


岩脇隆夫「小胞体ストレスの可視化」生体の科学、vol. 63、No. 5、388-389、医学書院(2012)


岩脇隆夫「小胞体ストレスのマウス個体レベルでの可視化」細胞工学、vol. 25, No. 9, p1014-1018, 秀潤社(2006)


岩脇隆夫、河野憲二「小胞体ストレスの感知システムとその可視化」バイオサイエンスとインダストリー、vol. 62、No. 11、p715-721、財団法人バイオインダストリー協会(2004)


細田章、岩脇隆夫、河野憲二「ストレス応答における翻訳制御」蛋白質核酸酵素 RNAの細胞生物学(3月増刊)、vol. 48、No. 4、p375-381、共立出版(2003)


岩脇隆夫、斉藤美知子、河野憲二「毒素とその受容体を用いた細胞ノックアウト法」脳21、vol. 6、No. 1、p94-98、金芳堂(2003)


岩脇隆夫、河野憲二「小胞体ストレスにおけるIRE1による翻訳抑制」実験医学、vol. 19、No. 8、p981-983、羊土社(2001)


河野憲二、斉藤美知子、岩脇隆夫、木俣行雄「ジフテリア毒素を用いた細胞機能の解析」蛋白質核酸酵素、vol. 43、No. 1、p11-24、共立出版(1998)



岩脇 隆夫

講師

先端医学・生命科学研究チーム

医学・生命科学分野