アクセス../main/maps%26directions.html
サイトマップ../main/site_map.html
リンク../main/link.html
ホーム../main/main/main.html
理念・目的../main/mission.html
概 要../main/overview.html
研究実施体制../main/research_plan.html
公募情報../main/recruitment_information.html
プライバシーポリシー../main/privacy_statement.html
シンポジウム
セミナー../main/seminar_symposium/seminar_symposium.html
English../recruitment_information-en/recruitment_information.html
お問い合わせ../main/contact_us.html
YA教員
スタッフ../main/member.html
 

髙橋 剛

准教授

先端工学研究チーム

生物有機化学分野

国際学会


1.Takahashi T.: Construction and characterization of artificial peptides and proteins that recognize specific biomolecules. (Japanese Peptide Society Young Investigator Award Lectures) 5th International Peptide Symposium, 47th Japanese Peptide Symposium, 2010, Kyoto, Japan.


2.Takahashi T, Mihara H. FRET detection of oligomerization of Alzheimer’s amyloid β-peptide using a fluorescent protein sensor. 5th International Peptide Symposium, 47th Japanese Peptide Symposium, December 4-9, 2010, Kyoto, Japan.


3.Kokido Y, Takahashi T, Mihara H. Construction of proteins having pseudo-polyglutamine (polyQ) surfaces and interaction with polyQ proteins. 5th International Peptide Symposium, 47th Japanese Peptide Symposium, December 4-9, 2010, Kyoto, Japan.


4.Okura H, Takahashi T, Mihara H. Selection of fluorescein-binding de novo proteins with α3β3 structures. 5th International Peptide Symposium, 47th Japanese Peptide Symposium, December 4-9, 2010, Kyoto, Japan.


5.Kikuchi T, Usui K, Takahashi T, Mihara H. Screening of peptides with cell penetrating activity against various types of cells from a novel a-helical peptide library. 3rd Asia-Pacific International Peptide Symposium (3rd APIPS), November 7-10, 2009, Jeju Island, Korea.


6.Maeda Y, Takahashi T, Yuasa H, Mihara H. Control of lectin interaction of mono-saccharide modified α-helix peptides with amino acid sequence diversity. 3rd Asia-Pacific International Peptide Symposium (3rd APIPS), November 7-10, 2009, Jeju Island, Korea.


7.Takahashi T, Mihara H. Rational design of proteins that recognize amyloid β-peptide using β-barrel scaffolds. 2nd Switzerland-Japan Biomolecular Chemistry Symposium, September 11-12, 2009, Komaba, Tokyo.


8.Sawada T, Takahashi T, Mihara H. Screening, characterization, and application of peptides that specifically recognize self-assembling peptide nanofibers. 3rd Asia-Pacific International Peptide Symposium (3rd APIPS), November 7-10, 2009, Jeju Island, Korea.


9.Murakoshi Y, Takahashi T, Mihara H. Construction of β-sheet proteins embedding amyloid β-peptide (Aβ) sequences and inhibitory activity of Aβ aggregation. 30th European Peptide Symposium, August 31-Septemper 5, 2008, Helsinki, Finland.


10.Sawada T, Takahashi T, Mihara H. Screening of peptides that specifically bind to fine structured peptide nanofibers. 30th European Peptide Symposium, August 31-Septemper 5, 2008, Helsinki, Finland.


11.Mihara H, Takahashi T. Control of amyloid formation by designed peptides and proteins. 2nd International Symposium on Advanced Biological Engineering and Science, March 31-April 1, 2008, Tsinghua University, Beijing.


12.Uozumi R, Takahashi T, Mihara H. Design of β-hairpin peptides containing nucleobase amino acids (NBAs) and enhancement of thermal stability of the peptides. 11th Korean Peptide Symposium, Sogang University, November 30, 2007, Seoul, Korea.


13.Miyachi A, Takahashi T, Matsumura S, Mihara H. Surface modification and characterization of peptide nanofibers using designed functional anchors, 4th International Peptide Symposium, October 21-25, 2007, Cairns, Australia.


14.Suzuki M, Sato J, Takahashi T, Kobatake E, Mihara H. Control of fibril formation and cytotoxicity of amyloid β-peptides, 4th International Peptide Symposium, October 21-25, 2007, Cairns, Australia.


15.Takahashi T, Ohta K, Mihara H. Construction of green fluorescent protein (GFP) variants that inhibit the amyloid β-peptide oligomerization. 2nd International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis, September 6-7, 2007, Tokyo, Japan.


16.Takahashi T, Ohta K, Mihara H. Construction of green fluorescent protein (GFP) variants that interact with amyloid β-peptide. 43rd Japan Peptide Symposium / 4th Peptide Engineering Meeting, November 5-8, 2006, Yokohama, Japan.


17.Jumawid MT, Ashigai H, Takahashi T, Mihara H. α3β3 de novo protein from a designed genetic library. 29th European Peptide Symposium, September 3-8, 2006, Gdansk, Poland.


18.Takahashi T, Sato J, Ohta K, Mihara H. Design of peptides and proteins that interact with amyloid β-peptide. The 1st International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis, June 21-22, 2006, Uppsala, Sweden.


19.Jumawid MT, Ashigai H, Takahashi T, Mihara H. Construction and characterization of de novo proteins using α3β3 genetic library. 19th American Peptide Symposium, June 18-23, 2005, San Diego, USA.


20.Sato J, Oshima H, Matsumura S, Takahashi T, Mihara H. Designed peptides capable of forming fibrils in response to Aβ fibril-seed. 19th American Peptide Symposium, June 18-23, 2005, San Diego, USA.


21.Tada K, Takahashi T, Mihara H. In vitro selection of RNA aptamers that inhibit the amyloid-fibril formation of Aβ. 1st International symposium on biomolecular chemistry,, December 2-5, 2003 Awaji, Hyogo, Japan.


22.Miyanishi H, Takahashi T, Ueno A, Mihara H. De novo design of peptides containing L-α-nucleobase amino acids and their recognition of hairpin RNA. 27th European Peptide Symposium, August 31-Septemper 6, 2002, Sorrento, Italy.


23.Balasundaram G, Takahashi T, Ueno A, Mihara H. Synthesis of PNA-peptide conjugates and their interactions with DNA. The 16th American Peptide Symposium, June 26-July 1, 1999, Minneapolis, Minnesota, USA.


24.Takahashi T, Ueno A, Mihara H. Construction of RNA-binding proteins having nucleobase amino acids based on HIV-1 nucleocapsid protein. The 2nd International Peptide Symposium and The 17th American Peptide Symposium, June 9-14, 2001, San Diego, California, USA.


25.Takahashi T, Kumagai I, Hamasaki K, Ueno A, Mihara H. Design and synthesis of novel RNA-binding molecules constructed by the peptides having nucleobase units. 11th International Symposium on Supramolecular Chemistry (ISSC XI), July 30-Augast 4, 2000, Fukuoka, Japan.


26.Takahashi T, Ueno A, Mihara H. Combination of α-helix peptides with intercalator anthracene for reporting peptide-DNA interaction. The 15th American Peptide Symposium, June 14-19, 1997, Nashville, Tennessee, USA.



国内学会


依頼講演

1.高橋 剛. 設計タンパク質を用いたアミロイドβペプチドの集合化阻害と検出. 大阪大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質立体構造を基盤とするプリオン現象の解明」, 2009, 大阪.


2.高橋 剛. アルツハイマー病アミロイドβペプチドの集合化をモニターする蛍光タンパク質の構築. 第11回生命化学研究会, 2008, 草津.


3.高橋 剛. 設計ペプチド・タンパク質を用いたアミロイド制御. 大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質の会合と凝集」, 2007, 大阪.



一般発表


1.高橋 , 三原久和, アルツハイマー病アミロイドβペプチドおよび家族性アルツハイマー病関連変異体の集合体形成のFRET検出, 4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010924-26, 大阪


2.小木戸謙, 高橋 , 三原久和, グルタミン配列挿入GFPの構築とCAGリピート病由来ポリグルタミンタンパク質との相互作用, 4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010924-26, 大阪


3.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, 自己組織化ペプチドナノマテリアルを認識するペプチドの探索と特性評価, 日本化学会第90春季年会, 2010326-29日, 大阪


4.石黒康二朗, 澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, 立体構造制御ペプチドライブラリーからのインスリン結合ペプチドの探索, 日本化学会第90春季年会, 2010326-29日, 大阪


5.菊池卓哉, 臼井健二, 高橋 , 三原久和, αへリックスペプチドの細胞導入活性スクリーニング及び細胞死活性評価, 日本化学会第90春季年会, 2010326-29日, 大阪


6.高橋 , 三原久和, 蛍光タンパク質表面を分子認識場としたアミロイドβペプチド認識FRET型センサー, 12回生命化学研究会, 201017, 福井


7.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸を導入した16残基β-ヘアピンペプチドの構造評価, 46回ペプチド討論会, 2009114-6, 福岡


8.澤田敏樹, 高橋 , 三原 久和, 自己組織化ペプチドナノファイバーの集合化状態を特異的に認識するペプチドのキャラクタリゼーションと応用, 46回ペプチド討論会, 2009114-6, 福岡


9.澤田 敏樹, 高橋 , 三原 久和, 分子アレイ構築のための自己組織化ナノマテリアル特異結合ペプチドの創製, 58回高分子討論会, 2009916-18, 熊本


10.菊池 卓哉, 臼井 健二, 高橋 , 三原 久和, 種々の細胞系を用いた新規αへリックスペプチドの細胞導入活性スクリーニング, 24回生体機能関連化学シンポジウム, 12回バイオテクノロジー部会シンポジウム, 2009913-15, 福岡


11.前田 雄介, 高橋 , 湯浅 英哉, 三原 久和, 単糖導入αヘリックスペプチドのアミノ酸配列多様化によるレクチン相互作用の制御, 24回生体機能関連化学シンポジウム, 12回バイオテクノロジー部会シンポジウム, 2009913-15, 福岡


12.高橋 , 多田幸輔, 三原久和,アミロイドβペプチド(Aβ)に結合するRNAアプタマーの獲得とAβ凝集化阻害, 日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月4日-5日, 東京


13.高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチドの集合体形成をモニタリングできる蛍光タンパク質の構築, 日本ケミカルバイオロジー学会第4回年会, 2009518-19, 神戸


14.高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した蛍光タンパク質によるA集合化のモニタリング, 日本化学会第89春季年会, 2009327-30, 千葉


15.菊池卓哉, 臼井健二, 高橋 , 三原久和, 細胞アレイ構築を目指した新規ペプチドの細胞導入活性スクリーニング, 日本化学会第89春季年会, 2009327-30, 千葉


16.井口里紗, 高橋 , 三原久和, 二量体化設計ペプチドによるアミロイドβペプチドの線維化と細胞毒性, 日本化学会第89春季年会, 2009327-30, 千葉


17.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, ファージ提示ペプチドによるペプチドナノファイバー表面の修飾, 日本化学会第89春季年会, 2009327-30, 千葉


18.前田雄介, 高橋 , 湯浅英哉, 三原久和, 単糖導入α-へリックスペプチドとレクチンとの結合特性評価, 日本化学会第89春季年会, 2009327-30, 千葉


19.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, 微細構造を有するペプチドナノファイバーに特異結合するペプチドのスクリーニング, 45回ペプチド討論会, 20081029日-31, 東京


20.村越祐子, 高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列挿入タンパク質の構築とAβの集合化阻害, 45回ペプチド討論会, 20081029日-31, 東京


21.井口里紗, 高橋 , 三原久和, 二量化設計ペプチドによるアミロイドβペプチドの線維化促進と細胞毒性, 45回ペプチド討論会, 20081029日-31, 東京


22.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド()配列を挿入した蛍光タンパク質によるAβ集合化阻害と検出, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


23.村越祐子, 高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)挿入タンパク質とAβとの相互作用およびAβ線維化阻害, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


24.前田雄介, 小澤恭子, 高橋 , 湯浅英哉, 三原久和, 単糖導入ペプチドの合成とレクチンとの相互作用, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


25.石黒康二朗, 澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, ファージアレイ構築を指向したファージ提示ペプチドの固定化と検出, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


26.菊池卓哉, 柿山 , 臼井健二, 高橋 , 三重正和, 小畠英理, 三原久和, 細胞アレイフォーマットの構築を目指した光切断リンカーを有する細胞導入ペプチドの固定化, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


27.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, ペプチドナノファイバー表面を認識するペプチドの創製, 3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008918-20, 横浜


28.高橋 剛, 鈴木美穂, 村越祐子, 太田健一, 三重正和, 小畠英理, 三原久和, 設計ペプチド・タンパク質を用いたアルツハイマー病アミロイドβペプチド(Aβ)の凝集制御と細胞毒性, 第18回バイオ・高分子シンポジウム, 2008年7月25日-26日, 東京


29.澤田敏樹, 高橋 剛, 三原久和, ペプチドナノファイバー表面に特異結合するペプチドのスクリーニング, 第18回バイオ・高分子シンポジウム, 2008年7月25日-26日, 東京


30.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, ペプチドナノファイバー機能化のための結合ペプチドのスクリーニング, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月26日-30日, 東京


31.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基相互作用で構造安定化させた16残基β-ヘアピンペプチド, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月26日-30日, 東京


32.鈴木美穂, 高橋 , 小畠英理, 三原久和, アミロイドβペプチドの線維を制御する新規人口ペプチドの設計と毒性評価, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月26日-30日, 東京


33.宮地絢香, 高橋 , 三原久和, 自己集合化ペプチドを用いたナノファイバーの構築と表面修飾, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月26日-30日, 東京


34.大倉裕道, Jumawid Mariejoy Therese, 高橋 , 三原久和, 遺伝子ライブラリから選択したα3β3デノボタンパク質のアナログ構築と特性評価, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月26日-30日, 東京


35.澤田敏樹, 高橋 , 三原久和, ペプチドナノファイバー機能化を目指した結合ペプチドのセレクション, 第10回生命化学研究会シンポジウム, 2008年1月11日, 熊本


36.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を導入したβ-ヘアピンペプチドの設計とNBA間相互作用による構造安定化, 44回ペプチド討論会, 2007年11月7日-9日, 富山


37.高橋 , Jumawid Mariejoy Therese, 山崎俊正, 三原久和, 遺伝子ライブラリを利用したα3β3デノボタンパク質の構築と構造評価, 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007年9月28日-29日, 仙台


38.鈴木美穂, 高橋 , 小畠英理, 三原久和, アミロイドβペプチドの線維形成と人工ペプチドによる毒性制御, 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007年9月28日-29日, 仙台


39.宮地絢香, 高橋 , 三原久和, 機能化アンカーを用いたペプチドナノファイバーの表面修飾と評価, 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007年9月28日-29日, 仙台


40.村越祐子, 高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)の配列を挿入した新規タンパク質の構築とAβの集合化阻害, 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007年9月28日-29日, 仙台


41.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した新規タンパク質の設計とAβ集合化阻害, 第17回バイオ・高分子シンポジウム, 2007年7月30日-31日, 東京


42.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した緑色蛍光タンパク質変異体の創製, 日本ケミカルバイオロジー研究会第2回年会, 2007年5月9日-10日, 京都


43.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を導入したβ-ヘアピンペプチドの設計とNMRによる構造特性評価, 日本ケミカルバイオロジー研究会第2回年会, 2007年5月9日-10日, 京都


44.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した蛍光タンパク質のAβとの相互作用およびAβ集合化阻害, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


45.村越祐子, 高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した新規タンパク質の構築とAβとの相互作用, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


46.鈴木美穂, 佐藤淳一, 高橋 , 小畠英理, 三原久和,人工ペプチドによるアルツハイマー病アミロイドの線維形成と毒性制御, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


47.穂積潤一, 富崎欣也, 渡辺晋也, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)含有ペプチドと核酸関連タンパク質との相互作用, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


48.Jumawid Mariejoy Therese, 高橋 , 山崎俊正, 三原久和, α3β3遺伝子ライブラリから選択したデノボタンパク質のNMR構造解析, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


49.大倉裕道, Jumawid Mariejoy Therese, 高橋 , 三原久和, α3β3遺伝子ライブラリから選択したデノボタンパク質の改変, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月25日-28日, 大阪


50.Jumawid Mariejoy Therese, 高橋 , 足海洋史, 三原久和, 合成遺伝子ライブラリを用いたα3β3デノボタンパク質の構築, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006126-8, 名古屋


51.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)配列を挿入した緑色蛍光タンパク質変異体の構築, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006126-8, 名古屋


52.宮地絢香, 高橋 , 松村幸子, 三原久和, 機能化アンカーを介したペプチドナノファイバーへのタンパク質修飾, 第21回生体機能関連化学部会・第9回バイオテクノロジー部会・第9回生命化学研究会合同シンポジウム, 2006年9月28日-30日, 京都


53.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を導入したβ-ヘアピンペプチドの設計と構造安定化, 第21回生体機能関連化学部会・第9回バイオテクノロジー部会・第9回生命化学研究会合同シンポジウム, 2006年9月28日-30日, 京都


54.高橋 , 佐藤淳一, 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチド(Aβ)と相互作用する人口ペプチド・タンパク質の構築とAβ凝集体の検出, 日本化学会第86春季年会, 2006年3月27日-30日, 船橋, 千葉


55.宮地絢香, 高橋 , 松村幸子, 三原久和, 疎水性機能化アンカーを用いたペプチドナノファイバーへの機能性基導入, 日本化学会第86春季年会, 2006年3月27日-30日, 船橋, 千葉


56.魚住隆一, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を導入したβヘアピンペプチドの設計と構造特性評価, 日本化学会第86春季年会, 2006年3月27日-30日, 船橋, 千葉


57.高橋 , 多田幸輔, 三原久和, アミロイドβペプチドオリゴマーを認識するRNAアプタマー, 第8回生命化学研究会シンポジウム, 2006年1月13日, 富山


58.高橋 , 多田幸輔, 三原久和, アミロイドβペプチドオリゴマーに結合するRNAアプタマーの選択, 第42回ペプチド討論会, 2005年10月27日-29日, 大阪


59.高橋 , 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチドの部分配列を挿入した緑色蛍光タンパク質(GFP)の構築, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年9月17日-18日, 名古屋


60.Jumawid Mariejoy Therese, 足海洋史, 高橋 , 三原久和, 遺伝子ライブラリを利用したα3β3デノボタンパク質のスクリーニング, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年9月17日-18日, 名古屋


61.佐藤淳一, 高橋 , 松村幸子, 三原久和, 設計ペプチドを用いたアミロイドβペプチド凝集体の制御, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年9月17日-18日, 名古屋


62.高橋 , 多田幸輔, 太田健一, 三原久和, アミロイドβペプチドと相互作用する人工RNAの選択, 第15回バイオ・高分子シンポジウム, 2005年8月1日-2日, 東京


63.高橋 , 板橋慶子, 三原久和, 核酸塩基含有αヘリックスペプチドに結合するタンパク質のファージディスプレイ法による選択, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月26日-29日, 横浜


64.太田健一, 高橋 , 三原久和, GFPのβシート構造中にアミロイドβペプチド配列を挿入した新規タンパク質の構築, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月26日-29日, 横浜


65.Jumawid Mariejoy Therese, 足海洋史, 高橋 , 三原久和, α3β3遺伝子ライブラリを用いたデノボタンパク質の構築と特性評価, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月26日-29日, 横浜


66.高橋 , 足海洋史, Jumawid Mariejoy Therese, 三原久和, 非天然型構造をもつα/βデノボタンパク質を構築する, 第7回生命化学研究会シンポジウム, 2005年1月21日, 仙台


67.Yana Dewi, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸を導入したHIV-1プロテアーゼアナログの合成と触媒活性, 第19回生体機能関連化学シンポジウム, 2004年10月8日-9日, 東京


68.Yana Dewi, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)含有HIVプロテアーゼアナログの合成と酵素活性, 第53回高分子討論会, 2004年9月15日-17日, 札幌


69.高橋 , 足海洋史, Jumawid Mariejoy Therese, 三原久和, 遺伝子ライブラリを用いたα/βデノボタンパク質の構築, 第14回バイオ・高分子シンポジウム, 2004年7月26日-27日, 東京


70.信藤友宏, 松村幸子, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)含有ペプチドを用いた鋳型認識によるDNA複製の制御, 日本化学会第84春季年会, 2004年3月26日-29日, 西宮, 兵庫


71.宮西秀雄, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を有するデノボペプチドを用いたバクテリオファージ抗転写終結活性の制御, 日本化学会第84春季年会, 2004年3月26日-29日, 西宮, 兵庫


72.足海洋史, 高橋 , 三原久和, α/βモチーフ遺伝子ライブラリによるデノボタンパク質の構築(1), 日本化学会第84春季年会, 2004年3月26日-29日, 西宮, 兵庫


73.高橋 , 足海洋史, 三原久和, α/βモチーフ遺伝子ライブラリによるデノボタンパク質の構築(2), 日本化学会第84春季年会, 2004年3月26日-29日, 西宮, 兵庫


74.佐藤淳一, 大島秀夫, 松村幸子, 高橋 , 三原久和, 設計ペプチドを用いたアミロイドβペプチドの線維形成の増幅, 日本化学会第84春季年会, 2004年3月26日-29日, 西宮, 兵庫


75.高橋 , 多田幸輔, 大島秀夫, 松村幸子, 三原久和, アミロイド線維化ペプチドを標的とした人工ペプチド・RNAの構築, 40回ペプチド討論会, 2003年10月29日-31日, 木更津, 千葉


76.信藤友宏, 松村幸子, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)含有構造型ペプチドとDNAの相互作用, 第18回生体機能関連化学部会・第7回バイオテクノロジー部会合同シンポジウム, 2003年10月12日-13日


77.宮西秀雄, 高橋 , 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を有するデノボペプチドと抗転写終結に関与するファージRNAとの相互作用, 第18回生体機能関連化学部会・第7回バイオテクノロジー部会合同シンポジウム, 2003年10月12日-13日


78.多田幸輔, 高橋 , 三原久和, アミロイドβペプチドを認識するRNAアプタマーの選択と構造転移阻害, 第18回生体機能関連化学部会・第7回バイオテクノロジー部会合同シンポジウム, 2003年10月12日-13日


79.高橋 , 多田幸輔, 大島秀夫, 松村幸子, 三原久和, アミロイドβペプチドの線維形成を増幅・阻害する人工ペプチド・RNAの構築, 第52回高分子討論会, 2003年9月24日-26日, 山口


80.宮西秀雄, 高橋 , 上野昭彦, 三原久和, ヘアピンRNAを特異的に認識する核酸塩基アミノ酸含有α-ヘリックス型ペプチドのデノボデザイン, 第39回ペプチド討論会, 2002年10月16日-18日


81.信藤友宏, 松村幸子, 高橋 , 上野昭彦, 三原久和, DNAを識別する核酸塩基アミノ酸(NBA)含有β構造型ペプチドの設計と合成, 第17回生体機能関連化学シンポジウム, 2002年9月25日-26日, 大阪


82.宮西秀雄, 高橋 , 上野昭彦, 三原久和, 核酸塩基アミノ酸(NBA)を用いたペプチドのデノボデザインとヘアピンループRNAとの相互作用, 第17回生体機能関連化学シンポジウム, 2002年9月25日-26日, 大阪


83.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, RNA結合性タンパク質中への核酸塩基アミノ酸(NBA)の導入と特定RNAに対する認識能の評価, 第50回高分子討論会, 2001年9月12日-14日, 東京


84.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, 核酸塩基アミノ酸を複合化したHIV由来nucleocapsid proteinの合成とヘアピンRNAとの相互作用, 第11回バイオ・高分子シンポジウム, 2001年7月30日-31日, 東京


85.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, HIV由来nucleocapsid protein (NCp7)への核酸塩基アミノ酸の導入とRNAとの相互作用, 日本化学会第79春季年会, 2001年3月28日-31日, 神戸


86.高橋 , 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, L-α-核酸塩基アミノ酸を導入したペプチドの設計と特定RNAの選択的認識, 第37回ペプチド討論会, 2000年10月18日-20日,名古屋


87.高橋 , 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, HIV Revのアルギニン部位への核酸塩基アミノ酸の導入とRNA結合活性, 日本化学会第78春季年会, 200年3月28日-31日, 船橋, 千葉


88.高橋 , 熊谷一郎, 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, HIV由来RRE IIB RNA特異的に認識する人工ペプチドの設計, 26回核酸化学シンポジウム, 19991110日-12日, 前橋


89.高橋 , 熊谷一郎, 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, HIV由来RRE IIB RNA特異的に認識する人工ペプチドの設計, 26回核酸化学シンポジウム, 19991110日-12日, 前橋


90.高橋 , 熊谷一郎, 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, 核酸塩基を側鎖に有するL型アミノ酸を導入したペプチドの設計・合成とRNAとの相互作用, 第36回ペプチド討論会, 1999年10月21日-23日,京都


91.熊谷一郎, 高橋 , 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, PNAを導入したHIV RevペプチドとRRE RNAとの相互作用(1), 日本化学会第76春季年会, 1999328日-31日, 横浜


92.高橋 , 熊谷一郎, 濱崎啓太, 上野昭彦, 三原久和, PNAを導入したHIV RevペプチドとRRE RNAとの相互作用(2), 日本化学会第76春季年会, 1999328日-31日, 横浜


93.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, ペプチド上に導入したアントラセン基の配向制御によるDNAの識別, 第8回バイオ・高分子シンポジウム, 1998年7月23日-24日, 東京


94.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, アントラセン修飾α-ヘリックスペプチドのDNA認識特性の評価, 日本化学会第74春季年会, 1998327日-30日, 京都


95.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, α-ヘリックスペプチド上への2つのアントラセン基の配向化とDNA相互作用, 第46回高分子学会年次大会, 1997524日-26日, 東京


96.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, 2つのアントラセン基を複合化したα-ヘリックスペプチドの合成とDNA相互作用, 日本化学会第72春季年会, 1997327日-30日, 東京


97.高橋 , 上野昭彦, 三原久和, α-ヘリックス構造上にアントラセン基を有するペプチド性インターカレータの合成とDNA相互作用, 第11回生体機能関連化学シンポジウム, 1996年10月5日-6日, 福岡


98.高橋 , 池田 , 上野昭彦, 核酸修飾シクロデキストリンの合成とその機能, 日本化学会第70春季年会, 1996328日-31日, 東京

学会発表等

業 績